顎ラインにできる大人ニキビの改善法

顎ラインにできる大人ニキビの改善法

大人になると顎ラインにニキビができやすくなります。顎もそうですが、フェイスラインにできる大人ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れと乾燥によるものがほとんどだと言われています。

 

フェイスラインはTゾーンと比較すると、乾燥しやすいパーツなので、日常のお手入れでしっかりと保湿ができていないと、乾燥から肌を守ろうとして皮脂の分泌が活発になるので、過剰に分泌された皮脂が顎の毛穴を詰めてそこにアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こし、ニキビが発生してしまいます。

 

また、生活が不規則になったり、ストレスが過剰にたまったりすると、自律神経の働きに狂いが起きてホルモンバランスが乱れて、ニキビができる原因となります。

 

ですので、顎ラインにできる大人ニキビの改善法は、毎日のスキンケアでしっかりと保湿することと、睡眠時間をたっぷりとったり、栄養バランスに気を付けた食生活を行う、日々の生活に適度な運動を取り入れるなど、生活習慣を整えることです。

 

皮脂やメイクの汚れを洗顔ですっきりと落として、肌の再生を促進するビタミンC誘導体などが配合された化粧品を使い保湿を心がけて、なるべくストレスをためないように気を付けて規則正しい生活を送りましょう。

 

 

顎にできる大人ニキビの原因は何なのか?

ニキビは皮脂の多いTゾーンや鼻の周りなどにできやすいのですが、大人ニキビとして顎にできることもよくあります。
なぜなら、皮脂腺の分布が多い場所で、皮脂が詰まりやすく、乾燥しやすい部分だからです。

 

また、手が触れやすい場所でもあるので雑菌がつきやすく、繰り返しできる特徴があります。

 

顎に大人ニキビができる原因で一番大きいのがホルモンバランスの影響で、ホルモンバランスが崩れるとできやすくなります。
ホルモンバランスの影響が原因の中では最たるもので、女性は性の周期によりホルモンバランスが変化しやすい環境にあります。
女性ホルモンが乱れると同時に肌のコンディションも変化し、皮脂の分泌を促進します。

 

男性の場合は、女性のような周期的な変化はないのですが、男性ホルモンが活発になると皮脂の分泌量が増えます。
また、男性はヒゲ剃りで肌を傷つけることが多く、大人ニキビを誘発しやすいです。

 

ホルモンバランスが乱れるのは、ストレスや睡眠不足などの悪しき生活習慣が考えられるので、ストレスを溜めない工夫が求められます。

 

間違ったスキンケアやスキンケア不足も大人ニキビができる原因の1つです。
顔のスキンケアは毎日きちんとする人が多いのですが、顎の部分はおろそかになりがちです。

 

洗顔後、すすぎ不足で洗顔料が残りやすい部分で、保湿化粧品が十分に補えていない可能性が高いので十分に気をつけましょう。

 

⇒大人ニキビ用ビーグレンを試してみたい方はこちら